全件数:12 件 1 2 次へ >> 

2021年5月15日(土) 浅っこみはチビマル夢中!8〜67。キンメも全員ヒット

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 13~33cm 8~67匹 【釣り場】城ヶ島ー亀ー諸磯ー西口 30〜52m
【水温】17.3℃   【船長】Mr.BOo
金目鯛 24~38cm 4~14匹 【釣り場】城ヶ島沖 280〜320m
【船長】KAZUO
【天気】晴れ 【風】南 無風 【波】ナギ

2021年5月14日(金) マルイカ濁り潮は苦手なのか?

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 14~25cm 1~29匹 【釣り場】城ヶ島ー劔崎沖 55-80m
【水温】18℃   【船長】Mr.BOo
【天気】晴れ 【風】北東 2m 【波】ナギ
【コメント】
★マルイカ船:朝よりバイクのおじさんからの激励付きの出船で三崎港内はそれほど西の流れは速そうでもないので、城ヶ島東口から安房崎を浅場チェックして35から55mへ。反応があったのでチェック!船内ぱらっとマルイカとご対面。連チャンのかたも。しつこく二回目を流して、劔崎沖へと行ってみました・・・・けれども。手前からバイクのおじさん11杯取りしたポイントは刃物回し。東に出てみました。群れは動いています。時の浮きすぎていてスルメもいそうでしたけれどこちらも足早。左舷船尾から入って右舷船首へ抜けて行くように流しました。左舷側が連チャンする中、右舷は触りが。。乗った仕掛けが再び降りてくると乗るようなパターンだったのかもしれません。竿頭の高橋さんヒットカラーはカンナ側からケイムラ・レモン液体・ブルーヘッドでネオンではないようです。次点小松さんからコメントをいただき「角を3.5のチビエビクリアにしたらいいサイズのマルイカが乗ってきました」と。スラットした角の形をマルイカが見切ってしまっているかもしれません。また劔崎沖は濁り潮で、船を洗っていたらクラゲの赤い触手がついていました。この潮を嫌っているのかもしれませんね。帰港した三崎港は潮もゆるく城ヶ島沖に後半戻ってきても面白かったかもしれません。明日も潮次第でマルイカを狙います。錘は50号です。

2021年5月13日(木) 雨の真鯛。枝針にヒットは強烈!マルイカ明日は出船

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
真鯛 0.6~3.1cm 2~7匹
合計15匹
【釣り場】劔崎沖 43-50m
【船長】KAZUO
【天気】雨 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
=鈍い陽気を真鯛が好む=そんなウズウズ感が真鯛釣りにはある。雨の三崎から劔崎へ。流れはお客様のお話から推測すると西の強い西上げ潮か。船尾の藤生さんハリス10mで指示棚からのヒットもありました。そして枝針にヒットし始め、もしかしら指示棚よりも上に食い棚があったのでしょうか。川島さん「今日は下げ誘いが合わなかったみたい」と。ふううん、

2021年5月12日(水) マルイカ4点掛け。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 13~25cm 14~52匹 【釣り場】城ヶ島ー劔崎沖 65-80m
【水温】18.3℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
○マルイカ船:三崎港内西潮とろりと流れ、城ケ島沖の65mラインで反応バリバリも流れとろり。今野さんマルイカ一荷!反応は見えるのですが劔崎沖へ動いて見ました。65mラインで船内やっと皆さん揃いました。その流しにはなんと11杯マルイカをGETしたのです。そこから東の定番ポイントへ。刃物に追われている強烈な反応はかけてもノリイマイチで。反応をチョイスしながらも浅場もTRY,群れは左舷から右舷へと通り過ぎるのです。右舷優勢っぽいのですが直ブラもブランコの釣り人も当たりを取ろうと着底直後に叩いたりしゃくったりの連続に、「まずは着底したら仕掛けが落ち着くまでそっとしとき」と久しぶりにレクチャー。途中良型ならばと朝のポイントまで探りを入れたのですが、なぜか朝よりも反応が少ないようで、また東に戻り80mではマルイカ3点掛けなど奮闘いただきました。竿頭は左舷船首の今野さん。さすがです。ムギイカにも対応しての仕掛けも今日はマルイカばっかりでした。

2021年5月11日(火) 真鯛船:バラシた真鯛は釣れた海に倍返しちゃった。マルイカ船:NICE!反応

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
真鯛 0.6~1.3kg 0~2匹 【釣り場】劔崎沖 45-55m
【船長】KAZUO
マルイカ 15~30cm 17~26匹 【釣り場】諸磯・安房崎・劔崎沖 45-73m
【水温】18.4℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 2m 【波】ナギ
【コメント】
○マルイカ船:港の中はちょいとトロッと流れがあり、その影の諸磯沖でいい感じでマルイカとご対面しました。昨日はここから北上しましたけれど、今日はブランコ仕掛け2名。直結ブランコ仕掛けと直ブラ仕掛け・城ヶ島沖では反応出っ放しから中良型マルイカ登場。そこから劔崎沖へと移動しました。こちらもエサ混じりで。この流しがいい感じでしたけれど痛恨の仕掛け手前祭りの方も。ブランコ仕掛けで五連チャン。ムギイカが止めてしまった時もありおもろい感じでした。後半潮色が明るくなったのか?ちょいと反応のワリでした。良型マルイカがヒットしたツノはPink角の5cm。

★真鯛船:潮の流れは緩めでしたけれど東上潮から西の下潮へ流れ変化。4枚バラした強者も。

2021年5月10日(月) 真鯛大きいのいますので。マルイカも大きいのいます。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
真鯛 0.6~3.2kg 2~4匹 【釣り場】劔崎沖 43-55m
【船長】KAZUO
マルイカ 13~30cm 9~26匹 【釣り場】城ヶ島沖・西口沖・亀城根 40-73m
【船長】Mr.BOo
【天気】晴れ 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
真鯛船:劔崎沖の潮流は朝方流れほぼなくそこから少し下げ気味からの東の上潮などへと潮流の句読点でヒットがあったようです。今日も3kg真鯛などおもろいやり取りができたようです。ハリスの長さ、テーパーの割合・ガン玉・クッションゴムの太さ長さ。コマセをこぼすような感じでの釣行では付餌ハリスがコマセと馴染むTimeが肝心。そのポイントでちょいと下げ誘いなどが駆け引きで面白いようです。

★マルイカ船:今日も西口からの出立。中の堤防と外の堤防の間に潮のわくりがあり、これは外が早そうだと。潮境はHOTELから長瀞から西へ。多分北側はまだゆるそうなので、浅場チェーック。マルイカとご対面。小さめマルイカも触りはOK。浅いから何度も触りがあれば釣り方を変えたりできそうです。諸磯経由三戸輪沖でムギマルからの亀さん。浅場46mラインから65mラインへと泳ぎ、潮流が若干の二枚志おきみから淀になってきたら本来ならば浅場に突入なんですけどねえ。明日はブランコ・直ブラの方が多いのでさてどっちかなあ。今野さんマルイカ3点掛けがあったとか。あっちこっっちに反応が点在し過ぎているのは確かですね。

2021年5月08日(土) 真鯛船長尺竿もいいかも。マルイカ・真鯛・月曜日承りました。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
真鯛 0.5~3.0kg 0~4匹 【釣り場】劔崎沖 45-55m
【船長】KAZUO
【天気】晴れ 【風】南西 4m 【波】ナギ

2021年5月07日(金) 真鯛も順調!マルイカも反応は順調。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
真鯛 0.5~1.7kg 1~10匹 【釣り場】劔崎沖 45-53m
【船長】KAZUO
マルイカ 12~27cm 2~19匹 【釣り場】城ヶ島ー三崎港西口沖 55-80m
【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 無風 【波】ナギ
【コメント】
★真鯛船:潮色は明るめでした。朝方はドンブラ。ほぼ潮の流れはなく不安が。そんな中、左舷船首川島さんぶっ込みヒット。今日は潮のねじれがあまりなかったので釣りやすかったのは左舷。右舷側はちょいと魚信が。これを解消するには長竿にしてみたりしてもいいのかもしれませんね。明日も出船予定です。

○マルイカ船:朝方より城ヶ島沖は潮流が真西潮に1ノットとか。したがいまして安房崎でちょいと深かったですけど森杉さんがチップ連発するなか、洋介さんマルイカ三連チャン。それも真の反応が動き始めてちょっと浅場の73mでもマルイカ。今日もムギイカがいるのか?マイクロマルイカがいるのか?だんだん反応のわりに触りが。。。反応の一団が通り過ぎようとの時に船首2名様がヒットとか、んで緩くなったようですので西側へ。潮境がないようすです。深いところはどうにも底潮がとろりあって緩いところでぱらっとのったりしましたが、今までのノリの良さそうな反応のパターンが適合しない様子でした。
後半になんとか汚れがで始めた海域に群れが入っていったようです。もしかしら・もしかしらですけどムギイカ対策用の仕掛けを持っていてもいいか?潮色が濁ってくれたら絶好調になるかもしれません。竿頭は洋介さん右舷船首でした。

2021年5月06日(木) 潮色澄み変化&流れトロリ&ウネリでも。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 14~24cm 8~21匹 【釣り場】城ヶ島沖 48〜78m
【水温】18℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 5m 【波】ナギ
【コメント】
○マルイカ船:時化後はどうなっているか?おおおおー港の中は潮色が清んでます。うわ。一都三県海況をみて東口安房崎から出立。濁っています。潮の流れはゆるそう。反応みっけて浅いのです。65m浅くないはなあー。んでサイズは今ひとつ。徐々に深場をさぐり西側へ。こちらは表層流がとろり。おやああー違うねえ一四日とは。反応も下に。潮が徐々に落ち着き始めた時には連チャンもありました。今日は端物もぎょうさん追いかけている様子。NJが結構いい感じでヒットしていたようです。深いのでちょいと表層の潮色に惑わされず。竿頭さんは清水さん。右舷船首

2021年5月05日(水) 春爛漫えええーでかいよーマルイカ。真鯛もいい感じです。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 14~27cm 1~45匹 【釣り場】城ヶ島沖 65-75m
【船長】Mr.BOo
真鯛 0.5~2.9kg 0~7匹 【釣り場】劔崎沖 45-55m
【船長】KAZUO
【天気】晴れ 【風】南 3m 【波】ナギ
【コメント】
○マルイカ船:更新が遅れました。今日も城ヶ島沖でした。流れも同じ?ではなかったんですよねえ。西上潮がとろり。らしく、西側から探りましたけど結果シオ下側は緩めでした。群れは潮を上り過ぎずゆっくりと仕掛けの周りを回っています。船尾のブランコ佐々木さんこの流しで3杯ゲット。マルイカ釣りと言いますか、船釣り初めてのお客様。出船時間15分前に着地でした。投入機も使い方むずかしいですものね。群れは小さなマルイカと大きなマルイカともしかしたらムギイカもいるのか?目立つのは船首着座の森杉さんはALL NJ角にして取り込みの竿先大丈夫>って心配してしまうほどにデッカいマルイカを一番上に3点掛け!。すぐに二回目2点かけ!すげええー。お隣の滝澤さんも良型マルイカだったりマルイカ一荷!今日は城ヶ島沖の西半分は西上げとろり。東側は淀み。後半そちらで群がヒットしたようですが、途中東側も探したのですが、その時はいい感じの餌反応とマルイカ反応が合体していなかったのか?棚が上に上がっていたのは麦イカだったのか?明日たのしみですねえ。浅場は55mまで探ったりしましたけど、今日は見つかりませんでした。竿頭は森杉さんでした。船つりマルイカ釣り始めての方はなんとかDaiwa高槻モデル渡辺モデルを直結のまんま(直ブラに仕様変更できたのですが)自力で1杯GET。三崎港到着前に滝澤タッキーさんがこのお客様にお土産マルイカを頂きました。ありがとうございました。

★真鯛船:劔崎沖はご機嫌な反応も出ております。真鯛はコマセからハリスが花弁が開くようにゆっくりと潮に乗ります。そのモーションを潮などを加味してタイムスケジュールでそろそろ馴染むかな?>で誘ったりしてみましょうね。おおおーMr.BOoも真鯛釣りしたくなりましたがな。竿頭は右舷船尾の中川さん。おじょうずでっせ!
全件数:12 件 1 2 次へ >> 
ページトップ