全件数:473 件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ >> [48]

2019年7月20日(土) 深いから20ー30mは巻き落とし効果あり。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 17~30cm 7~45匹 【釣り場】諸磯沖・小網代沖 53ー75m
【水温】23.4℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】南 3m 【波】ナギ
【コメント】

コメント:1日お休みしたので、今日はどこだ?的なワクワク感を払拭するかのように諸磯沖でコマセをやっている船が、“上潮(北上流)が速いよ”と。これはこれは、北側へ。小網代沖でやってみるとさほどでもなく、これならもう少し南側の反応で。と。塊を狙ってマルイカと無事に御対面。もうすでに60mOverです 。>マルイカのサイズは良型が多いですから、角の形もそれなりに太い角、などを小さくても反射が強い角(チビトト・チビエビ)でコントラストを演出してくださいね。そして重要なのは、小さな#エビではなく、#小さなマルイカを捕食しにくるので、ツノをマルイカ仕立にするといいかもですね。狭くタイトな反応は棚はほど仕掛け分の高さ。ウネリもある条件と表層流がトロリあるので竿を少し上向けにしてツノが暴れ過ぎるのを軽減しえみましょう。良型の一荷連発!後半にマルイカ3連掛けを披露した竿頭さんでした。いいマルイカ釣りでしたねぇ。貸竿4名様無事お土産できたのかなぁ。

2019年7月18日(木) まさかの70mOver

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 17~30cm 8~30匹 【釣り場】城ヶ島沖・三崎西口沖・諸磯沖 45ー75m
【水温】22.5℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】南 2m 【波】ナギ
【コメント】
◎更新が翌日19日となってしまいました。
=18日=は三崎港東口からスタート。もちろん、浅場を巡ってきました。もしかしたら?反応がちらっとだけ。すぐにポイントへ。55mからマルイカ登場もついに【はいどうぞ!ななじゅうーさんめえたー】手巻きですからね。いや、浅場を見たけど、これだけの反応は見えかなった。乗ったし、喰われたし、お!喰われたマルイカの頭がこれまたでかい!生きたイカがこれほど真っ白になって上がってくる?
昨日から今日にシフトして頂いたお客様には深いから硬く長め竿と御通達。いつもの竿より先調子で角の踊りもよし!感度も良好!!ただし!リールの巻き方が機関車巻きなので硬い竿先はグワングワンと跳ね回ってます。ハンドルのシャフトの延長線上から手首だけ回す。日中はポイントを潮の淀みと方向変化がありそうな時合を狙って北上。この深いポイントでも着実にマルイカ一荷とかやってのけるのは“中村イカ生さん”。先後ですが、下船後に釣り方などをこれまたお聞きしました。釣り人のそのフィールドでも異なると思いますけど、イカ生さんの考えは“イカを乗せる演出は釣り人が主導権を握る”。わかりますかねぇ。マルイカが泳いでするネーチャーな環境の中で“狩り”をする為には、“その時空を演出する”って感じ。詳しくは中村さんに聞いてくださいね。ツノは深かったのでNEWネオンpinkで乗せていた佐藤さん。yellow>Greeenでしょうか。この深い環境ならば!8cm棒角が活躍しそうですね。竿頭は中村さん。=さて、今後この水深が中心になるのか?=Ans。鰯やアミエビの遡上次第でしょうか。18日の船洗いの時は外気温もありますが、冷たく感じました。浅場の方が冷たいのかもしれませんね。
☆土日祭日金目鯛ネ魚五目船。平日“鬼カサゴ船”ご予約にて出船いたします。

2019年7月17日(水) 叩きか鞭打ちか。ツノを持ち上げる元気あり。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 15~28cm 2~21匹 【釣り場】城ヶ島沖〜諸磯沖 45ー70m
【水温】22.6℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 無風 【波】ナギ

2019年7月16日(火) 少人数の時は右舷でお願いね。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 18~26cm 4~8匹 【釣り場】城ヶ島沖・諸磯沖・小網代沖 40ー68m
【水温】23.3℃   【船長】Mr.BOo
鬼カサゴ 0.4kg ~ 2~2匹
合計6匹
【釣り場】城ヶ島沖 110ー130m
【船長】KAZUO
【天気】雨 【風】北東 5m 【波】ナギ
【コメント】
◎マルイカ船 ご乗船三名様にえ右舷お一人、左舷お二人の着座でしたが左舷3名でお並び。んんん、道糸の角度が見えないのです。ブリッジは底上げしており、それでも仕掛け降下後に群れの動きもあるのですから。ねえ。しかし、反応の逃げ足が速いのですけど、マイクロムギイカの帯反応を追いかけていたのか?や、パラリとキュッと塊反応もあったりしたのですが、どうも前半にいい反応に当たらなかったのでそのままズルズルと1日なってしまったのでしょうか。猛省しております。
☆平日のみ鬼カサゴ船での出船は最小人数お二人から。今日はリクエストにて出船。城ヶ島沖は東側は潮が流れず、西側は2ノットの流れがありました。もうOne Size UPが。

2019年7月15日(月) 雨?北風?いやいや全くの凪。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 14~27cm 15~32匹 【釣り場】城ヶ島沖・西口沖・諸磯沖 43ー65m
【水温】22.5℃   【船長】Mr.BOo
金目鯛 24~30cm 2~4匹
合計6匹
【釣り場】城ヶ島沖 280-310m
【船長】KAZUO
クロムツ 28~35cm 2~4匹
合計6匹
【釣り場】城ヶ島沖 250ー310m
【船長】KAZUO
【天気】曇り 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
◎マルイカ船昨日はどうも反応が少なかった様子。浅場チェックから群れを発見するのですが、ソナーで追ってもなかなか仕掛けを投入するタイミングがつかめないほどに動いている状況。少し深いところでもマルイカが乗っているらしいけれど、この反応を置いて行くもの気がひけるって。追いかけていい感じで乗るとマルイカ一荷もあったさすがの“盛り過ぎ”さん。出港前にさんざ乗らなかったお話をして頂き、それを払拭しなければ!緩めの流れも沖側は東へと。それも表層とそこ潮が異なっている状況でした。なんとか高め派手反応に追いつき初めても西潮到来したので諸磯沖へ移動。船が少ないポイントでいい感じのノリっぷりもありました。後半の潮境到来まで面白いノリがありましが。ヒットカラーはクリアブルー。竿頭は【 森杉さん】
☆金目鯛ネ魚五目船 城ヶ島沖は濁りが流出しており、そこ潮があまり動いていない状況でそこベタの反応があるのですけれど、食い気はしぶりました。

2019年7月13日(土) 深くて潮が重い時は!!へえええーって技。光りました。イエローに。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 14~27cm 3~59匹 【釣り場】城ヶ島沖50%西口沖50% 43ー68m
【水温】21.5℃   【船長】Mr.BOo
黒ムツ 30~43cm 0~4匹 【釣り場】城ヶ島沖 250ー320m
【船長】KAZUO
金目鯛 25~34cm 0~3匹 【釣り場】城ヶ島沖 250ー320m
【船長】KAZUO
【天気】曇り 【風】北東 無風 【波】ナギ

2019年7月12日(金) 探査にもシックスセンス➕潮読み。明日は?

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 12~27cm 42~56匹
合計98匹
【釣り場】城ヶ島沖80%諸磯沖20% 25〜65m
【水温】21℃   【船長】Mr.BOo
【天気】雨 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
◎マルイカ船 雨降りの寒さの中、ご来店頂きまして有難うございました。三崎港内ではスパンカーを張っていて“あれ?今日は流れてないのか???”と思いながら、それでも西口から。あら?海が悪い?え??北東風で潮が逆らってるのは??城ヶ島沖は東の潮でした。えええええええええ!深場を探り、全くなし。でもないのかも知れませんけど、サーっと見て気配なし。ではと、当然のように【ウキウキしながら浅場に突っ込み!!】これでサイズは小さくても、かっくんかっくん乗ってくれれば!!お!!いきなりの3点かけっす。濁ってますかから、サイズも当然のように小さいです。なはは。あとはポイントを探って、潮に追われ、崖へ回りの。後半にはポロロッカのような潮境が到来。ハモノに喰われたのはお二人とも10杯くらいかもと。しっかり乗せてシャカシャカ巻いてきましょう。水深の幅があるので、深いところは竿をきつめに叩いても良いかもです。浅場onlyで楽しめれば良いのですけど、ヒットカラーは【ムラサキ・クリアブルー】2人に共通したのは【rainbow】でした。半澤さん42杯、大久保さん56杯。写真は雨もあり、操船、ソナーもあるので、右舷だけ。ごめんなさいね。

2019年7月11日(木) 棚が下だったり上だったり。底で叩いてもタイムラグあり。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 14~28cm 4~47匹 【釣り場】諸磯・三戸輪・城ヶ島沖 43ー68m
【水温】22℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 2m 【波】ナギ

2019年7月10日(水) イケイケ反応見つけ!ショメ悪くついでにハモノにやられ。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 14~27cm 3~20匹 【釣り場】城ヶ島沖95%毘沙門5% 21ー63m
【水温】21℃   【船長】Mr.BOo
金目鯛 23~35cm 6~6匹
合計12匹
【釣り場】城ヶ島沖 230ー310m
【船長】KAZUO
黒ムツ 35~40cm 1~2匹
合計3匹
【釣り場】城ヶ島沖 230ー310m
【船長】KAZUO
【天気】晴れ 【風】北東 4m 【波】ナギ
【コメント】
◎マルイカ船 今日も理想の濁り潮です。しかし、船を洗っていて気がつきましたけれど、そこ潮が冷たい様子ですね。浅場に上りきれないのか?水温の変動が大きいのかもしれませんね。潮目もポイントによって3枚のような感じもしました。朝方のポイントでは、船尾のブランコ名人マルイカの3連掛けを達成!その周辺の反応もあるのですが、後半にも再度ヒットしましたが、どうも潮のミックス具合が感じ取れないような気がしました。ツノは上に重めのツノがあるといいかもしれません。極端に言えば小さな中錘があると良いかもです。
竿頭は江沢さんでしてた。
☆金目鯛ネ魚五目船:こちらも二枚潮で泣かされました。次回土曜日13日出船です。

2019年7月08日(月) Lady Angler三回釣行で“ツ”抜け!お見事!

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 16~28cm 11~45匹 【釣り場】三戸輪10%城ヶ島沖85%毘沙門5% 35ー63m
【水温】21℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 5m 【波】ナギ
【コメント】
◎マルイカ船 三崎仲崎岸壁を離岸して、さてと西か東か。諸磯沖では根回りに反応回遊。おいつくとお触りのみ。三戸輪でいい感じの反応で5連荘。のち城ヶ島沖へ。浅場に展開も潮目が今ひとつ。流れはさほど速くないのですが、でもって毘沙門でも一回だけで城ヶ島沖の船団に入ってからは、結構ノリが良く、去年もお世話になったと八巻さん鈴木さんは慣れないからと。いやいや竿はDaiwaのマルイカ竿とライトゲームだし、でも今日の城ヶ島沖は緩くても二枚潮で仕掛けが張り気味ですから、取って落とす仕掛けはナチュラルですが、乗らないとどんどん仕掛けが貼っていってしまう状況に『そんな時は巻き落とししてね』と、ご乗船前にはお隣の方は慣れた方で教えてくれるからねと。ですから、左舷船首のハリマ王様と高橋さんと今日は【NICE!なteacher】が乗ってましたから。マルイカの群れは浅場から深場へと移動したり、もっと塊を攻めていかなければいけませんね。名手teacher2人はもっともっと船団に攻め込んでレバ取れたはずですね。反省しております。だってね、西で20mより浅いところでもいいサイズだと。こっちも探したくなるじゃないですか。ヒットカラー:ケイムラ・クリアブルー・クリアオレンジ・クリアyellow・ ヒットツノ:Venus・MD3.5・ギョギョプリ・チビイカ5 【竿頭 高橋さん】
全件数:473 件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ >> [48]
コンテンツ
最近の釣果
月別アーカイブ
Facebook
ページトップ