全件数:504 件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ >> [51]

2019年9月19日(木) 反応多彩乗ってもバレて食われて。。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 20~35cm 3~9匹 【釣り場】城ヶ島沖 110〜170m
【船長】Mr.BOo
【天気】晴れ 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
◎6時出船 ヤリイカ船 城ヶ島沖は潮色は濁り、浅場から反応があり朝方は【乗る反応】は分かっていたように。潮の方向が変わってから、反応を精査するも触らず。日中には群れが速いものの中型ヤリイカ。しかし水面より30mくらいで食われてしまうので伸びませんでしてた・日曜日・水曜日除く毎日出船中です。

2019年9月18日(水) 大型いるからハリスを落とさないで!で20号ですか!

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
キハダマグロ 2.5~2.5kg 0~1匹 【釣り場】相模灘 4番〜風祭
【船長】Mr.BOo
カツヲ 2~3kg 0~1匹 【釣り場】相模灘
【船長】Mr.BOo
【天気】雨 【風】北東 2m 【波】ナギ
【コメント】
>* ))))><キハダカツヲ船一路4番。到着mで50分かかりました。反応ば出ているのでさっそくチャレンジスタート。どうm船のネレ具合が不安定で北上流nのでどうも1番といい、ブイは北上流が大嫌いなようで、反応が出ているわりにご機///////ではと、小田原の下、あそこは?真鶴道路の料金所の東。小さな反応があり仕掛けを打ち込みましたら
小さなカツヲを皮切りにヒット!!春切れ!!右舷でヒット。どうも横走りして他船へご迷惑をかけてしまいました。その後船だnを抜けて真鶴に行きそうになる程に2マイル追いかけてハリスのち元でさようなら。聞きたらハリス20号、針閂キハダの14号。せめてハリスは22号、針は18号(giant)後半ギリギリでカツヲとキメジゲット。

2019年9月17日(火) 18日カツヲキハダ船・19日ヤリイカ船です。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
鬼カサゴ 0.4~1.0kg 3~5匹
合計8匹
【釣り場】沖の瀬 150〜180m
【船長】KAZUO
【天気】晴れ 【風】北東 5m 【波】ナギ

2019年9月15日(日) ノーピクだった日はFISHERMAN鈴木さんのGT!

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
キハダマグロ 0~0kg 0~0匹
合計0匹
【釣り場】江ノ島海脚付近 棚25ー50m
【船長】Mr.BOo
【天気】晴れ 【風】北東 5m 【波】ナギ

2019年9月14日(土) 洲崎沖のヤリイカを楽しんできました。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 20~38cm 5~19匹 【釣り場】洲崎沖9割 95ー155m
【水温】25℃   【船長】Mr.BOo
イナダ 30~40cm 0~4匹 【釣り場】劔崎沖 35ー55m
【船長】Kazuo
【天気】曇り 【風】北東 7m 【波】やや高い
【コメント】
◎ヤリイカ船 先ずは城ヶ島沖に行ってみました、浅場からチェックして150mラインを見てみましたけれどあまり反応に遭遇せず、一路洲崎沖へと南下してみました。ポイントに入ってからの浅場側に反応が出始めている様子で水深よりも反応を追いかけていたら100m切って96mまでヤリイカが登場。群れの移動が速いです。どうも追ってがいるようですね。高さのある反応に仕掛けが入ると船首側菊地さん3点掛けもあり、船尾側の等々力さんスルメとヤリイカで3点かけも。海上は潮流も流れていて波浪がありました。慣れた方でもバラシも多かったようです。
☆コマセ真鯛五目船 劔崎沖では流れは前半それほど速くない状況でしたけれどコマセを降りすぎないようにしてもなかなか魚信が遠かったようです。

2019年9月12日(木) いい感じの東上げ潮!からのぉー

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 20~38cm 26~39匹
合計95匹
【釣り場】城ヶ島沖 110ー155m
【水温】25℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
◎6時やりりか船 城ヶ島沖へと向かってみました。昨日のカニブイ通過時には西の流れがとろりあった様子も、海の上は北東風でもざわついている様子なので逆潮だと思いながらもどうもまだそこ潮は西へすこしながれているようす。ですから座標はほぼ緩め。浅場110mラインでも餌とその近くに上に横にヤリイカの反応がセットになっている。ヤリイカも中型肉厚。と小型ヤリイカのコラボ。台の上のヤリイカは動きが速そうなので、崖っぷち周りに展開してみると、中層棚から底棚の高さのある反応を発見。多点掛けは最大5杯掛け。今日のヤリイカ群れの中にはマルイカが入っていなかったのも特徴。そのかわり、底でのって巻き始めると真鯛に食われたり、表面ではムラサキ色のヨシキリが待ち構えていました。【海園】持って来ればよかったと。高田さん底で3回、表層では仕掛け毎持っていかれてしまいmした。徐々に流れがとろりとなり始めて、魚探の映像よりも先にヤリイカが乗ってくるような高活性となりました。竿頭はlighttackle釣行の等々力さん。後半表層流が西の流れになった地合いで群れを見失ってしまったのが後半の伸び悩みとなりました。

2019年9月11日(水) カツヲ君、外海にいる鰯を食べましょうよ。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
本カツヲ 1.8~3.8kg 7~12匹 【釣り場】1番〜沖の瀬〜劔崎 棚8〜35m
【水温】28℃   【船長】Mr.BOo
【天気】晴れ 【風】北東 2m 【波】ナギ
【コメント】
>* ))))><6時カツヲキハダ船 朝にはルアー船の周辺で反応がとの情報。いちおう、コマセ船なんで遠回しに拓海周辺をサーチ、どんどん下がってあら?鳥も見当たらなくありまして、先ほどの解散気味の安倍内閣でなくて、船団から①番へ。僚船がカツヲをヒットさせていた近くにEchoがあり、船の向き反対だけど打ち込みました。棚とりと同時にヒット!Echoの最上部ではハネッコもありました。いい感じの食い気にハリスと天秤のもとでブチ切れるカツヲも。これ、天秤と籠が一直線の物でもバレるかもしれませんね。バラしは多かったですよ。事前にコマセのどか撒きはしないようにねぇ。と。ケイムラソフトビーズがヒットしている様子。なんやかんやお土産確保としてもソナーの角度変えたりして下の鮪反応をチェックしてましたけれどでてきません。でも食わせた船もありました。後半劔崎で跳ねてるとの情報で遠路移動しましtけれど、反応にどうにも翻弄されてキハダのヒットはありませんでした。洲崎沖に居鳥がいましたから、すぐ気はdもリスタートすると思いますよ。竿頭は《原口君》でしたおめでとうございます。

2019年9月07日(土) ヤリイカ 3点掛けあり!

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 20~35cm 5~9匹 【釣り場】城ヶ島沖 110ー155m
【水温】27℃   【船長】Mr.BOo
イナダ 45~45cm 0~2匹
合計2匹
【釣り場】劔崎〜城ヶ島沖 40ー55m
【船長】KAZUO
【コメント】
☆6時ヤリイカ船 朝方はスルメイカを狙ってのDeep ZONE。あら?あれ反応だよな。ってのが二箇所。他は餌かムギイカか?ヤリイカの小さいのか?イカっぽく映るのですが、こんな時は意外にも魚っぽいのがイカっぽかったりします。でもって初日のポイントでヤリイカ3点掛けは奥川さん。直ぐに仕掛けを落としてもらいたく、写真撮り忘れ、デモって船首側では佐藤さんがマルイカとヤリイカとヤリイカの足らしきで一荷。喜んでいますのは船長ですけれど、しかしですよ反応がね。イカらしきだと乗らないっていいましょうか、音速移動している様子。そしてやっと被り潮色になったと思ったらなんてことない、南側の澄み潮が北上してきて反応がこれまたナイーブになったのかも。それらしきもいいサイズのヤリイカ一杯乗ってからもうどこに動いたのか?ソナーでも経路が見つからず。どうも城ヶ島沖の西側の方が被り潮が残っていたようですねぇ。火曜日?木曜日ヤリイカで出船できたならば西側を攻めたいです。赤白ラッキョウ角や、糸巻き角もいいと思いますよ。
◎コマセ五目船 イナダもでましたけれど、この立派な60cmの鰆君がどうもワラサを散らしかしているかもしれませんね。
写真があまり良くないです。御免なさい。

2019年9月04日(水) 秋の清み潮色になるか!キハダ大型。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
キハダマグロ 33kg 0~1匹
合計1匹
【釣り場】1番〜沖の山 棚35〜55m
【水温】26℃   【船長】Mr.BOo
カツヲ 1.5~2kg 0~1匹 【釣り場】1番ブイ 15m
【船長】Mr.BOo
【天気】晴れ 【風】北東 4m 【波】ナギ
【コメント】
>* ))))><カツヲキハダ船 1番ブイでやってみました。潮色はうすかぶり。流れは上げ潮気味。反応よりも小魚ベイトがうようよ。スタートはなんとツムブリ。棚は15m。針は小さめがおススメですけど、ネムリが強すぎる針よりもワラサ針が少し針先が入っているような形状がいいと思います。カツヲ顔出しの後、沖の山向け。カツヲを追いかけてているのか?船団に合流させてもらって、カツヲの塊の近くにキハダのナブラ。船団の航跡がソナー、魚探のパルス波が乱反射して写りにくい。海面よりも何か浮遊物が多いのか?調整しての群れ舟下通過。んんベイトか?
ボコボコ塊が見えてもその走路が見つからなくなったりと。そのうちに本命反応?キハダ反応が見え、船の間のプールから出てきたキハダに廣瀬さんさんヒット!!4隻が近い距離でヒットしたんで、ズルズルと離し操船してのやりとり。4回 UP DOWN。上でグルグルとお披露目しちゃったので、いつのまにか那須色のやつが船に張り付いていたようです。それを“さっきからいたよな!”なんて後から申告するようではいけませn。やっと取り込みの時にかじられても、タモ網で妨害してGETしました。その後、群れが見えにくくなり、50mに反応が出てきたりしました。棚が深くあったのか?廣瀬さんはりす20号6m針OWNER閂キハダ14号ケイムラコート。え?14号。しっかり掛かってましたけどね。おめでとうございました。

2019年9月02日(月) 浅くヤリイカ反応もなかなかタイト。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 20~35cm 8匹 【釣り場】劔崎沖〜城ヶ島沖 110ー155m
【船長】Mr.BOo
【天気】晴れ 【風】南西 6m 【波】やや高い
【コメント】
◎やりいか船 6時出船 今日はデータ取りも含めての探査船として出船いたしました。お付き合い頂いた小嶋さん。直結ライト、normal11と14cm角。潮色は濁り潮です。城ヶ島西沖の情報もありましたけれど、一路劔崎沖へ。初っ端から混ざりのNICE!反応がみえ、ソナーでしっかり乗せてやろう!!!え>>>>>>>>>>>>ぐるぐるとあっちへ泳いで行ってしまわれ、再びサーチ。餌上パラリ。やっとスルメイカ。船長の経験値はほぼフラット。え?URのそれではありませんが、どうしても流れが二枚潮気味なので城ヶ島沖へと向かってみると、おおおおお〜もにゃっとパラっと反応が山盛り。で、3点かけしたっぽい一点かけ。ムクドリの群れのようにフワーーーと。で気を取りないしてタイトな反応でヤリイカとスルメイカの一荷。する名k船は240mとかでまずまずだったらしく、小嶋さんにはお付き合いいただき、なんとか平日イカ船として出立できそうです。有難うございました。それにしても下船後の小嶋さんの武勇伝!!と言いましょうか、ヒストリア>??まさかの同級生の・・・一度ふるさとにお伺いしたく思いました。土曜日貴重なお客様ご予約いただきました。ありがたいことです。
全件数:504 件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ >> [51]
コンテンツ
最近の釣果
月別アーカイブ
Facebook
ページトップ