全件数:1 件 

2019年6月02日(日) マルイカ入門には是非ブランコ仕掛けでね。アコウ鯛炸裂!

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
アコウ鯛 1.3~3.4kg 0~3匹
合計6匹
【釣り場】城ヶ島10%沖の瀬90% 480ー580m
【船長】KAZUO
マルイカ 14~28cm 0~34匹 【釣り場】諸磯沖〜城ヶ島沖 40ー70m
【水温】20.2℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】南 2m 【波】ナギ
【コメント】
☆アコウ鯛船は総勢5名様での出立。まずは城ヶ島沖。流れは緩めの北上流。第1投目からアコウ鯛の顔出し!!こりゃ朝から縁起がええわいのぉー。で。そこへ沖の瀬の潮流が今日はゆるいとの一報が入電。もう行きしかないでしょ、川島さんからも“速くても良いから沖に行こう!”と。で行ってみるとSpecial Vr.の潮流東の上潮0.5kt。底棚取り明快。そしてアコウ鯛からの魚信はあの硬い竿をカックンカックン!もうこれが一番気持ちいいのですよねぇ。え???あ、今日の仕掛けは、今季マルイカ角のNEW MODELを出さなかったヤマシタのボールです。いい仕事してくれましたねぇ。底から3mほど上げてヒットしたようです。竿頭は【吉田さん】
◎マルイカ船、三崎港内でも20℃超えでして、これで赤潮手前くらいの濁りが欲しいのですけど明るいのです。出てみないとわからないの潮は驚愕の上げ潮。それも諸磯沖の根周りまで潮が入り込んでいる状況。もしかしら、海堡撤去したり、新しい港を作ったりして潮流の流れが変わったのかもしれませね。直ぐに反応が有って触ってくるのはバリバリだと竿頭の森杉さん。潮の優しい所まで移動して今日はマルイカ始めてのangler3名様。日中にはサイズアップを求めてなんと!70mへ。「エビだ“海老だぁ!!!」と大騒ぎの一戸組。チビエビ5に中良型がヒット。ハマってます。後半再び浅場に入り込んでなんとか顔だしてましたけど、自力でNICE!反応を探せなかったのがのびなみ、そして12名様で一名様“ボ”の原因か。
全件数:1 件 
コンテンツ
最近の釣果
月別アーカイブ
Facebook
ページトップ