全件数:1 件 

2019年5月12日(日) ほぼ同時乗せ!なのにマルとムギ。いわゆる棒とスッテ。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
マルイカ 14~25cm 6~31匹 【釣り場】三戸輪9割 42ー65m
【水温】18.7℃   【船長】Mr.BOo
金目鯛 33~40cm 4~8匹
合計12匹
【釣り場】沖の瀬ー城ヶ島沖 280ー390m
【船長】KAZUO
【天気】晴れ 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
◎マルイカ船 西口から一路諸磯沖へ。核入り反応でこりゃもしかしたら中型マルイカか?でもってムギイカとマイクロマルイカ。ソナーでも追えるし反応も一つではないみたいなんですけど、追っ手に追われいて落ち着かないし流れは横払いでしで、北上。小網代沖の『パカパカ浮標』まで行くもののそのままスルー。根回りの船団に合流させてもらっての、左舷先行。船首の豊島さんニッコニコ。ゼロ点穂先をバシバシ作って居る榊さんとほぼ当時乗せ。左舷はブリッジ中央まで乗ってきます。右舷。。。。。んんn?イカの明日の方向と違うのでしょうか?マルイカ狙いですから良いのですけど、普通型マルイカの群れだと右舷でもトントントンと乗ってくるのですが、ブッコミ乗せがなぜか?船首の三代さんはコールする棚止めで乗せて居ると思われ、宙ZERO。途中亀さん灯台まで反応がでるので仕掛け投入でも若干の二枚潮だと思うのですよねぇ。触りが極端に悪くなるのです。ですから再び昔の定置網方向に。ほらドラゴン反応があって乗るのです。ヒットカラーは竿頭の榊さんの仕掛けをご覧ください。MDに糸巻きもちゃんとTねちゃんからのご指導で若干あります。竿頭は左舷船首お二人豊島さんと榊さん。豊島さんムギイカ多く、8cmではなく11cmがよく乗ったと。マルイカが多い榊さんはスッテ使いでした。
☆日曜日金目鯛根魚五目船。一路沖の瀬へとチャレンジ。表層流だけで底棚は取りやすかったものの当のお魚くんがご機嫌/////////後半に城ヶ島沖に戻って最後から二流しでこれだけ釣れちゃいました。
☆真鯛船毎日出船します。劔埼沖です。ハリス3〜4号10〜12mです。
全件数:1 件 
コンテンツ
最近の釣果
月別アーカイブ
Facebook
ページトップ