全件数:18 件 1 2 次へ >> 

2018年2月28日(水) 嵐の前のヤリイカとスルメは浮いて居たり

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 24~50cm 30~110匹 【釣り場】洲崎沖 180-230m
【水温】14.8℃   【船長】Mr.BOo
金目鯛 23~28cm 13匹 【釣り場】城ヶ島沖 290-330m
【船長】KaZuO
【天気】晴れ 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
★3月1日の更新となってしまいました。28日のポイントは洲崎沖へと。澄み潮で水温が前日よりも下がっているそうです。さてと、流れは表層流と底潮の流れが少し違いだけで概ね同じような流れ方向でした。流速がトロリとあるので、乗らない場合には巻き落としをしてほしい状況でしょうか。
下界は春になりそうですが、まだ烏賊族は餌が深いためでしょうか?深いです。でもそろそろ浅場なのか?大きな反応も浮き始めており、雌烏賊もそれに同調しているようでしてた。上では角の大きさなどにもよりますけど、スルメ烏賊が載ってきたりしております。日中まで同じようなパターン釣行が続きました。中層棚でしたからブランコ仕掛けでで指示棚で仕掛けを止めていると竿秋をふわふわと触て着て乗ってきます。貸し竿組14cm角の方が良型ヤリイカをGETしております。浅場になると何故か?赤白スッテの方が乗ってきました。
後半までスルメ烏賊とや理科のコラボでしたね。船首小松さんラストでもヤリイカとスルメ烏賊の混成群れえ5点掛け。竿頭は船尾の廣瀬さんでした

2018年2月28日(水) 嵐の前のヤリイカとスルメは浮いて居たり

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 24~50cm 30~110匹 【釣り場】洲崎沖 180-230m
【水温】14.8℃   【船長】Mr.BOo
【天気】晴れ 【風】北東 3m 【波】ナギ

2018年2月27日(火) さても浮き草ヤリイカ船今日は沖の瀬

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 24~50cm 37~76匹 【釣り場】沖の瀬 180-220m
【船長】Mr.BOo
紅あこう鯛 ----- 0~0匹 【釣り場】相模灘 1000mm
【船長】KaZuO
【天気】晴れ 【風】北 2m 【波】ナギ
【コメント】
☆彡ヤリイカ船 前日の模様で城ヶ島沖に展開するイカ船の間を抜けて一路大島向けに南下しました。目指すは沖の瀬です。潮色は澄み潮で南側のポイントは東へとトロリと流れます。少し東側と西側で表層流が違っていて、そのポイントで大きな反応が見えました。最初の仕掛け投入には途中で停まってしまうほどにスルメ烏賊とヤリイカが乗ってきました。徐々に反応は底にたまっての、アズマさんヤリイカ7点掛けもありました。右舷側ではイカ釣りはそれ程やっていない方でも5点掛けもありました。ヤリイカは棚も底から10m浮いて20mの帯になっていました。いい感じの乗り方を示しましたよ。角は11cmと14cmですが11cmの丸めの角が良いようです。良型ヤリイカと中形ヤリイカ。ポイントによっては小ぶりの雌烏賊もいるので数種類の角の仕掛けを持っていた方がベストです。PEは3-4号です。ブランコ仕掛けの角数が10本と多いと下降が遅くなります、7本程が良いかもしれませんね。
竿頭はこのところ好調な【外山さん76杯】次点【アズマさん64杯】でした。

2018年2月25日(日) 王道イカ釣り師参上。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 25~50cm 14~80匹 【釣り場】洲崎沖-城ヶ島沖 160-210m
【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 4m 【波】ナギ
【コメント】

★6時30分出船 ヤリイカ船 一路洲崎沖へと南下してみました。洲崎沖は南方流がトロリ。大きな反応が出てたので一回でやってみました。sおこは200mで145mから下にエコーが映っております。はい、お約束の途中で直結仕掛けが止まってしまいました。ほら!!こんな時は本流発揮です。ブランコ仕掛けも乗ってきました。船首側着座の永井さん、これまた普通に一杯、二杯、三杯、四杯とタンタンと直結仕掛けでスルメ烏賊をポンポン。仕掛けをひょいひょいと。大きな反応が見つからなくなったので、深場でヤリイカにチェンジ。するといい感じの反応にあってヤリイカ5点掛けも。そこから段々と潮具合が二枚潮気味となってきました。これはこれはと、城ヶ島沖は流れがそんなに捻じれていないみたいなので城ヶ島沖に行ってみました。深い処も反応があり、浅場にも反応があり、少し仕掛けにナイーブになっている群れは、これはもしかしたらちびヤリイカか、マルイカか?ムギイカ級かもしれませんね。
では少し深場の餌と餌の間の反応にHITしました。船尾でも7本仕明のパーフェクトや、船首の永井イカ師8杯掛け!!
手の動き、仕掛けの裁き、イカの取り込み。。回りの釣り人にも配慮があり、流石な釣り師でしたよ。竿頭は【永井さん80杯】でした。

2018年2月24日(土) ヤリイカ船反応も船も渋滞気味。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 25~50cm 16~34匹 【釣り場】沖の瀬 180-230mm
【水温】16℃   【船長】Mr.BOo
【天気】晴れ 【風】南西 3m 【波】ナギ
【コメント】

★6時30分出船 ヤリイカ船 今日はどっち!!城ヶ島?沖の瀬?洲崎沖?船によってですが、潮も流れているところと緩い所が近かったり、潮境だったり。今日は沖の瀬へとは到着すると南方流がトロリと流れており餌の反応の下からのスルメと良型ヤリイカの登場。そこから200mラインのメイン反応が出没しましたけれど、多点があまりなく、まあーずうーっとやってる反応なので、含有率ってんでしょうか。こうなるとスッテが好調なのですけど、さてもどっちをとるかなぁ。西側ではスルメ5点掛けもありましたが、崖回りでスルメと良型ヤリイカが載っておりました。竿頭は青野さん、左舷胴の間でした。城ヶ島沖でも洲崎沖でもですが。。明日はさても。
25日は10名様/14名定員でございます。

2018年2月22日(木) 寒くってもヤリイカおいしそう。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 28~50cm 41匹 【釣り場】洲崎沖 155-210m
【船長】Mr.BOo
【天気】雨 【風】北東 6m 【波】やや高い
【コメント】
 2月22日釣行です。
 雨の予報は午前中とか。知っていたような\\洲崎沖へ到着してから寒気が下りてきたのでしょうか?海から水蒸気が白く立ち上り始めました。表面水温も16℃と異例の高さだったこともあるのでしょう。
潮流はポイントによって緩かったりしました。朝方は上げ潮もトロリとある場所に展開してしまったのが失策かなぁ。船団の処はそれほどの上げ潮はなかった様で、だからヤリイカが居るのでしょうね。流れが素直な海域とねじれている海域がご近所らしいです。
今日は11cm角のブランコ仕掛けで日中から後半にぽつぽつと良いサイズのまた白い身のヤリイカが載っていました。釣り方は杓って杓っても乗ってくるのでしょう。底近くで叩きを入れてみても14cmタマゴ角のピンクに乗ってきました。
24日のご予約はガラガラです。ご予約お待ちしております。

2018年2月21日(水) スルメ台頭。ヤリイカ欲しいっすねぇ。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ&スルメ 24~50cm 8~51匹 【釣り場】沖の瀬 180-230m
【水温】15.0℃   【船長】Mr.BOo
【天気】曇り 【風】北東 8m 【波】やや高い
【コメント】

☆彡6時30分出船 ヤリイカ船 北東風が吹いておりました。城ヶ島で止まろうか。。。迷いました。ムツ船が東の緩い潮だというので、ここから下げ潮へ変化していくのであればとどまったであろうかと。一路沖の瀬へと南下しました、潮の流れが南方流と聞いていましたが。その南側には西の上げ潮が居座っていたようでした。その潮境ふきんでは波浪もあり、ハヤブサ女子は船酔いとなってしまい、、ごめんね。
反応はこの沖の瀬に到着するときにムツ場に餌と友も居るのを確認。ヤリイカをと根回りに回りました。水深のわりに小ぶり。船団の中ではスルメがノリノリ!!一回西側のポイントへヤリイカを探しに。いました。50cm級のヤリイカ。でも2回乗って。多点も3点のみ。でもって波浪もあり、船団に戻ってヤリイカとスルメ烏賊でした。崖回りでもヤリイカが載っておりましたが、スルメ烏賊台頭の追浜社長さんが竿頭でした。明日もヤリイカをっていいましょうか、楽しいイカ釣りを目指します。

2018年2月20日(火) 紅浮上せず。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
紅あこう鯛 ----- 0~0匹 【釣り場】相模灘 1000m
【船長】KaZuO
【天気】晴れ 【風】北東 6m 【波】ナギ

2018年2月19日(月) 沖の瀬の素直な潮に感謝!!

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 24~50cm 19~37匹 【釣り場】沖の瀬 180-230mm
【水温】15.6℃   【船長】Mr.BOo
金目鯛 28~33cm 2~4匹 【釣り場】沖の瀬 300-380m
【水温】15.6℃   【船長】KaZuO
【天気】晴れ 【風】北東 3m 【波】ナギ
【コメント】
★2月19日ヤリイカ船 北東風が9mとの事でまずは城ヶ島沖の西側からの探査ですが、澄み潮過ぎていて、徐々に南側に展開すると東の表層流がトロリと流れていました。。。絵?城ヶ島沖ですけどねぇ。これはイワシの反応は売るほどでておりまして、もと深場へ見つければいたのかもしれませんが、金目船から沖の瀬は昨日と打って変わっての素直な潮流とのことで、一気に南下してみました。イカ釣り漁船も展開しておりまして、お邪魔にならないように反応をチェックしての仕掛け降下。大き目な反応が見えたので・・・船長は・・・【数乗っかってくるかなぁ??】との概念が・・・でもねぇーこのところのお決まりのサバと思ったらスルメ烏賊は、今日は160mで仕掛けをSTOPさせたと。下層も中層棚から触っているのかと思えばそうでもなく、結構下層の棚でヤリイカget。徐々に中層棚の上にもヤリイカが泳いでいそうな予感からの西側展開。230mで190mでヤリイカがさわったとヤマリア Young Angler。船団で口がせまくなってしあったので、西側へ展開してみました。でもっての船内多点掛けあっての六郎さん7点掛けあり。角は11cmと14cm混成でも面白いかもしれませんね。棚探りようの角を一本入れておいても良いかもしれませんけどねえー、中層棚と底棚と若干感度や釣り方が複雑になるかな??スルメも居ますから是非ご賞味下さいませ。竿頭は【六郎様】、あ、今日は錘120号でしたよ。

2018年2月18日(日) 100mでスルメが止めちゃったり。

釣りもの 大きさ 匹数 詳細
ヤリイカ 24~50cm 9~24匹 【釣り場】洲崎沖 180-230mm
【水温】15℃   【船長】Mr.BOo
金目鯛 28~33cm 5~9匹 【釣り場】沖の瀬 300-330m
【船長】KaZuO
【天気】晴れ 【風】北東 3m
全件数:18 件 1 2 次へ >> 
コンテンツ
最近の釣果
月別アーカイブ
Facebook
ページトップ